育毛効果を出す手段は、育毛剤を含めて多く存在する

薄毛改善のための、育毛剤をはじめとした育毛方法

薄毛はどうして発生するのか? どう対策すればいいのか?

頭がハゲていたり頭髪が薄かったりすると、非常に目立ちます。多くの人の目線が集まってくるのは、本人にとっては非常にストレスを感じるでしょう。そのためなんとかして髪の毛を生やそうとして、育毛剤に手を出す人は数え切れないほど多く存在します。髪の毛が極端に少なくなる「薄毛」は現代において、年齢を問わず男女両方に発生します。若い人にも過剰な抜け毛や薄毛が発生する理由は様々ですが、薄毛の原因の1つに「抜け毛が増えていくシーズン」という物があります。このシーズンは動物にもありますが、人の場合だと、秋の初めの頃なのです。なぜ抜け毛が発生するのかと言えば、シーズンの変わり目であることも要因の一つですが、強い紫外線のダメージを夏の間に地肌や髪にも受けているためです。少しでも紫外線の効果を和らげるためには、日差しが強い時季はいつも帽子を利用する方がいいでしょう。直接紫外線を頭皮に当てないだけでも、薄毛の進行速度は大きく違ってきます。

 

育毛のカギは「亜鉛」が握っている?

他にも抜け毛の一因と思われるものに、栄養素の一つ、亜鉛不足があります。亜鉛が不足すると髪の毛を合成するたんぱく質である「ケラチン」が合成できなくなり、結果として新しい髪の毛が作られず、薄毛となってしまうのです。亜鉛は牡蠣、豚レバー、納豆などに多く含まれていますが、普通の食事だけでは亜鉛の一日に必要な量を摂り続けることは難しく、日常的に不足してしまいがちな栄養素なのです。そのため育毛に必要なだけの亜鉛を十分に摂取して育毛効果を出しやすくするには、亜鉛を含む食材を積極的に口にするのみならず、亜鉛のサプリなどの栄養補助のための商品を適切に使って、補充するようにしてください。サプリ自体はドラッグストアで販売されているため、入手も容易なはずです。
「育毛効果を出す手段は育毛剤を使うだけではない」と覚えておくだけでも、育毛においては役に立つでしょう。

 

女性ホルモン接種=育毛につながる?

亜鉛のような育毛に必要な成分を不足させないだけでも薄毛の改善には直結します。
亜鉛以外で薄毛を改善できる効果があるものとしては、女性ホルモンがあるでしょう。直接女性ホルモンを摂取するのは簡単ではありませんが、(女性ホルモンと)同じ働きをする「イソフラボン」は大豆などに多く含まれているため、比較的簡単に摂取することができます。抜け毛を抑制する女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンを摂取することで、抜け毛の予防につながるのです。この理由として、年齢を重ねると女性ホルモン分泌量が減ります。女性ホルモンの減少がみられると抜け毛の増加がみられます。ここで女性ホルモンと同じ効果があるイソフラボンを摂取して不足した分を補っていくことで、貴重な毛を抜けさせない作用があるのです。

 

これらのような「摂取することで薄毛を改善できる」成分は育毛剤と並んで使用するとさらに効果を発揮できます。育毛剤といわれると頭に付けるというイメージしかないですが、近年では飲む育毛剤のプロペシアという医薬品もとても人気になっているようです。なぜ人気なのかといえば、男性特有の薄毛である「AGA」の指針においても、効果がある治療薬として認められているためです。医者の処方箋がなければ入手できませんが、その分非常に強力な育毛効果を持っています。
医師の力は積極的に借りよう!

上記のプロペシアの入手をはじめとして、ひどい抜け毛や薄毛の悩みがありましたら、「とりあえず病院に行って医師の診断を受ける」事を第一にした方が良いでしょう。育毛成分のある洗髪剤やサプリなどの発毛に関する対処法は様々ですが、自分ひとりだけの努力では苦労するし、思うように結果が出ない事もあるでしょう。その点病院で診察を受けられれば、自己判断ではなく医師の目線で適切な処置を考えてくれます。専門分野に携わっている人間の意見はまず聞いておいて損にはならないため、一人だけで何とかしようとせず、まずは病院に行ってみることが後々良い結果をもたらしてくれるでしょう。